禁煙の離脱症状:強烈な眠気・睡魔

ここしばらく、仕事中に突然やってくる強烈な睡魔。
禁煙補助薬の副作用かと思っていたら、薬を止めても強烈な眠気はやってくる。

お医者さんによると、これも離脱症状の一つだとか。
今までは、

  1. 眠くなってくる
  2. 一本点ける
  3. ニコチンの作用で覚醒

という図式になっていたらしい。
これぞ、まさしく、覚醒剤。なるほど。

となると、タバコに手を伸ばす理由付けができそうなもんですが、今回の禁煙はそれも大丈夫。
今は、この強烈な睡魔がやってきたら、眠気に逆らわず、15分間眠ってしまうことにしています。

禁煙が上手く行っているせいか、お医者さんからも、禁煙補助薬開始後、2週間で、
「薬、止めてみようか!?」
と言われました。
吸いたくてたまらなくなったら困るので、念のため貰ってきて置いてありますが、飲んでません。
結局、禁煙補助薬は、2週間しか使いませんでした。
だからと言って、禁煙補助薬は役に立たなかったかというと、絶対にそんなことは無いと思います。

今回の禁煙は、作戦勝ちですね(^^)

今回の禁煙が成功しているのは、やはり「禁煙セラピー」の効果が大きいと思います。
禁煙&禁煙セラピー&禁煙外来」でも書きましたが、禁煙を成功させるための作戦をもう一度、まとめておきます。

  1. facebookやtwitter、mixiなどのSNSで禁煙を宣言する
  2. 禁煙セラピー」を読み、本の指示に従う
  3. 禁煙外来を受診し、「禁煙手帳」を貰い、ちゃんと書く