腹だけ痩せる技術|植森美緒

今年の初めから減量をしていますが、8月末からは禁煙まで始めてしまいました。

「禁煙をすると太る」
「禁煙したら、食事が美味しい」
など、よく聞くけど、これって、減量には結構なマイナス要素。
たしかに、禁煙をしてから食べるものが美味しくて、ついつい食べ過ぎる傾向にある。

「減量を失敗した」
となると、
「禁煙をしたせいで減量できなかった」
となり、タバコを吸う理由付けが、ひとつ、できてしまう。
そうなると、禁煙を継続することも揺らいでしまうという悪循環に入り、どちらも達成できない可能性が。
それは避けたい。

「減量をしていたから、太ることを気にせずに禁煙できた」
「禁煙したのに、太るどころか、ダイエットまで成功した」
という形が望ましい。
目標を二つもクリアできれば、自分の自分自身への信頼も高まる。
経営者友達のY氏にも、
「禁煙だけじゃなく、ダイエットまで成功させちゃったよ~~~ん」
と自慢できる(笑)


ということで、禁煙の時の「禁煙セラピー」に続いて採用したのが、
腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)

著者は、健康運動指導士の植森美緒さん。

お腹を引っ込めるだけで、お腹が痩せるという、何とも荒唐無稽というか、おめでたいと言うか、安易というか、とにかく信用しがたい本なので、通常の僕なら、鼻で、「フンッ」と笑って手に取りもしない本です。
植森さん、ごめんなさいm(_ _)m

なぜ、手に取ったかというと、何人も子供を生んだ知人の女性が、
「子供を産んでも、お腹引っ込めて歩いてれば、スタイルを維持するのは難しくないのよ」
と言っていたのを覚えていたから。
彼女の話を聞いた時、
「んな、バカな(笑)」
と思いつつも、たしかに彼女は、40歳を目前に、職場の人たちからは、「あのモデルみたいな子」と呼ばれるスタイル。
僕も、しばらくやってみたけど、効果の程は、よく分からない…。
ただ、その話と、この本の内容がリンクしたもんだから、手に取った次第。

で、もちろん、やってみました。
お腹引っ込める、といっても、この筋肉、使うのか…という感じ。

昔から、

  • 指の第一関節だけ曲げる
  • グワシっ!
  • パイ筋(大胸筋)ピクピク
  • 腹式呼吸
  • 目ん玉リレー

とか、随意筋でも、少し訓練の要る筋肉の使い方みたいなことを色々やってきたので、植森さんが言ってることは良く分かる。

この本に書いてあるようにやると、腹筋が筋肉痛になります。
といっても、お腹引っ込めるだけ。
すごいよ。
「自分のお腹って、こんなに薄っぺらくなるんだ!!」
って驚きます(^^)

  • ビール腹を引っ込めるために運動したら、運動後のビールが最高に美味くて、逆に太ってしまった
  • ポッコリお腹を何とかしたくてダイエットしたら、オッパイ痩せしてしまった

など、お腹を何とかしたいという人には、とっても、オススメの一冊。