川売(かおれ)の梅 愛知県新城市(旧・南設楽郡鳳来町)

川売の梅2013年3月16日(土)に、愛知県新城市へ、「川売の梅」を見に行ってきました。

実は、ココ、僕の実家の近くなんです。
毎年、梅が終わった頃に思い出し、「しまった!」となるんですが、今年はグッドタイミングで思い出しました。
友達を一人、拉致(笑)して、国道420号線を通って現地入り。

梅の木が、1,500本有るとかで、山に抱かれた谷間の集落は、どこを見ても梅。
梅の花の良い匂いも漂ってきます。

友達は、さっそく、梅見酒。

道路の脇を流れる川は、川底まで見えるほど、水が澄んでいます。

川売の梅 川売の梅 川売の梅 川売付近の川底まで見える谷川

周辺の観光

この周辺には、「四谷の千枚田」、「鳳来寺山」、「阿寺の七滝」、「長篠城跡」、「野田城跡」をはじめ、自然や歴史的なスポットが多く有るので、ドライブコースとしても最適ですね。

梅見でビックリ

川売に野生のニホンカモシカ今回、ちょっと驚いたコトが…。
いやに、あの辺りに人が集まってカメラを向けてるなぁ、変わった梅の木でも有るのかな?、なんて思って近づいていくと、カメラの先には、この方が居らっしゃいました!

ニホンカモシカ!

猿とか狸なんかは、良く見かけますが、野生のニホンカモシカは初めて見ました。
恐るべし! 新城市(笑)

アクセス

清須からは、およそ2時間くらいのルートです。

  1. 名二環から、名古屋インター、東名高速道路へ。
  2. 日進ジャンクションで名古屋瀬戸道路へ。
  3. 長久手インターから、県道6号線へ(東名名古屋インター~名古屋瀬戸道路 長久手インター間は短いので一般道でも良いと思います)。
  4. 猿投グリーンロードへ。
  5. 終点の力石インターから、突き当りの国道153を左折、足助方面へ。
  6. 「足助大橋西」の交差点で、国道153号線が2本に分かれるので、右方向、香嵐渓方面へ。
  7. 「香嵐渓」の信号を過ぎたら、右斜めに入る脇道が、「設楽」方面へ続く、国道420号線なので、これに入る。
  8. ひたすら、国道420号線を走ると、国道257号線に突き当たり、一時停止。左へ。
  9. 短いトンネルを抜けた所が突き当たりになっており、「田峯」の交差点。これを右折し、「浜松」方面へ。
  10. 全長1510mの稲目トンネルを抜け、しばらく進むと、「海老池貝津」の信号があるので、これを直進。
  11. 次の信号、「海老」を左折。そのまま狭い道を進み続けると、川売に到着です。現地付近の路肩に駐車して見物することになります。

上記ルートは、かなり曲がりくねった道を走るコースです。山道が苦手な方は、東名高速道路 豊川インターから国道151号線、国道257号線、県道436号線、県道32号線のルートをおすすめします。

[cetsEmbedGmap src=https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ll=35.026904,137.572174&spn=0.102335,0.133038&gl=jp&cid=0,0,5746245574486350610&t=m&brcurrent=3,0x601b366096bc835d:0x9fea8f24f41fbe03,1&z=13&iwloc=A width=480 height=480 marginwidth=0 marginheight=0 frameborder=0 scrolling=no]

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。