2004年9月 事務所を借りる

起業時の仕事場は、家族と住んでいたコーポの居間でした。

朝、子供を保育園に送って行き、その後、仕事。
夕方、子供たち三人が帰ってくると、騒々しくて仕事になりません。
仕方がないので、子供が帰ってきたら子供と遊び、子供が寝てから仕事を再開するという生活をしていました。

が…。
こんな生活をしていると、
「そんなことしてて、大丈夫?」
妻の目が釣り上がってくるのが、よく分かりました。

そこで、 事務所を借りようと思いました。
もちろん、有限会社なのに自宅が事務所というのも、なんかカッコ悪いという意識も有りました。

不動産屋に行ってみると、子供が生まれる前に住んでいた賃貸マンションが、かなりの好条件で出ていましたので、そこに決めようと思いました。
そんな時、創業時に色々と教えていただいていた創業コンサルタントから、「あいちベンチャーハウス」のことを聞きました。
場所は、名古屋市内。
創業間もない企業が集まっている場所なんて、カッコイイので、申し込みをし、賃貸マンションは見送りました。

さて、「あいちベンチャーハウス」のプレゼンテーションの当日。
今、思えば、それは、とても、プレゼンテーションと呼べるような代物ではなく、面接官からは、
「一年もったら、いいですね(^^)」
という、随分な激励をいただきました(汗)
もちろん、不合格。

「あいちベンチャーハウス」は不合格になりましたが、事務所を借りるということに変わりはなく、改めて、物件を探しました。
勝川駅から歩いて5~6分のところに、ワンルームマンションを見つけ、そこに決めました。

固定費、変動費、損益分岐点などという考えは無く、まぁ、この家賃なら世間一般的に手頃な値段くらいにしか思っていませんでした。

続く